雪月花
雪降る町外れ 一人たたずんで
携帯片手に 君を待っていた
「ごめんね」と君は 走って息切らして
見つめるその目は 眩しすぎた

深い傷が君の心に
あるとしても僕が癒すよ
ずっとずっと守り続けたい
そばにいてね

僕だけの手を繋いで 明るい景色の未来へ
ずっと僕だけを見て離さないで
G will hope to the way 輝ける未来を掴んで
君と二人なら行ける 歩いて行こう

月明かりの下 涙をこらえて
君の話を 黙って聞いた

「好きな人ができた」と君は
気まずい顔で呟くの
なんで?なんで? 嘘だと言ってよ
涙溢れて…

二人で歩いた道や 心の中の笑顔も
ずっと僕のこの胸に 輝いて

桜がヒラヒラ 落ちてく季節になったね
今はどんな笑顔しているのかな?
I will hope to the way 貴女の幸せ願って
ずっとこの空の下 君に歌うよ