Rotten Breaker
複雑な家庭に生まれ
血に飢えた小さな僕わ
何からも必要とされず
深い 不快 闇へ
全くもって意味の無い
理屈や空想論
存在理由を知らない僕は
在るがままに生きてきた

信用する愚民達
愚かな僕達は
脳内 狂神 伝達 信号
嘘と言う名の法律に
sexさえも手に入る
傲慢な女達
この世の全てが
嘘 嘘 嘘 嘘

逝かれた僕に彼奴が叫ぶ頭ん中で
機械仕掛けの世界の中で心が叫ぶ

腐った世界の皆さん
この国はどーなってますか?
皆さん生きていますか?
不安と嘘だらけのこの未来(さき)には

終末へ向かう
僕達のこの未来(さき)には
光が在るのか?
信じることから
逃げたこの未来(さき)には
光が在るのか?